【川田コーチ連載コラム】草大会編~第5回「大会中の時間の潰し方とウォーミングアップ」~

読んでテニスを変える

★川田コーチの連載ミニコラム★
【草大会編】
~第5回【大会中の時間の潰し方とウォーミングアップ】~

【待機時間の有効活用】
試合会場によっては外で待機することもあるので寒暖に対応できるように準備しましょう。
特に身体の冷えは筋肉がこわばり、怪我の原因にもなるので防寒対策は気をつけましょう。

車で会場まで行かれる方は、簡易的なアウトドア用のチェアーとかをトランクに積んでおくと試合会場や練習においても役に立つことも多いです。
大会中、試合の合間でかなり時間が空くこともあるので自分なりの時間の潰し方見つけましょう。

ウォークマンや目が疲れない程度の読書も悪くないと思います。
最近では余暇を有効に使う為、パソコンを開いていらっしゃる方もいます。
何より、テニス好きな方が集まっているのですから、思い切って話しかけてみるのも良いと思います。

大会で知り合ったことから普段の練習相手が見つかったり、サークルに誘ってもらったり、テニスのコミュニケーションを広げる場とも言えます。

最初は難しくても、草トーに数多く参加していると他の会場で会うこともよくあるので、挨拶やマナーの良い行動を心がけて下さい。

【ウォーミングアップ】
試合前のウォーミングアップがサービス4本だけという草トーは多数あります。
しかも試合はノーアドバンテージ1セットマッチの短期決戦!厳しいですが、試合の敗戦後「身体が温まる前に終わっちゃった」というのは全く言い訳になりません。

怪我の予防や良い結果を出すためにも、試合開始時からトップスピードで動けるくらい暖めておきたいですね。意外とこれが草トーでは非常に大事なポイントになります。

少なからず尻上がりに調子を上げる方は、1セットマッチなら調子が上がる前に終わってしまいます。逆に試合スタート時からトップスピードで動けるなら、実力以上の格上相手でもかなりチャンスがあるということです。
試合が好きな方ほど、草トー常連の強者の名前を数多く知っているが故、名前負けしてしまう試合も数多くあります。

この短期決戦の戦い方こそ、ある意味でギャンブル性を兼ね備えた草トーの面白さとも言えるので、ウォーミングアップも含めて戦い方を考えてみて下さい。

kawada_profile

【過去の連載コラムはこちらから】
*本コラムはウェブショップのメールマガジンにて配信しております。
ぜひ、メールマガジンのご登録をお待ちしています。

Comments are closed.