【川田コーチ連載コラム】練習編~第4回「フォームの認識」~

読んでテニスを変える

★川田コーチの連載ミニコラム★
【練習編】
~第4回【フォームの認識】~

理論によっては、フォームというものは存在せず、向かってくるボールに対して「最適な打ち方」があるという考え方もありますが、ここではちょっと置いておきます。

さて、「フォーム」と言われると皆さんは何と想像しますか?
ストロークのフォーム
ボレーのフォーム
サーブのフォーム
テニスには様々な打ち方は存在するので、全てが正解とも言えます。

ただ、何か抜け落ちていませんか?
構え方、フットワーク等はフォームに含みませんか?

何故、このような話をしたかというと、「フォーム」というものの考え方を「フォーム=打ち方」という概念に固執しているプレーヤーが多いからです。
打ち方を研究することはとても大切なことですが、打ち方に対する研究度合と構え方やフットワーク等に対する研究度合に差がある傾向があります。

ひとつの考え方として
「構え→動く→打つ→戻る→構え」
までを1セットとしてフォームとしてとらえてみると面白いです。

研究し尽くした部分を研究するよりも、研究したことが少ない部分を研究するほうが、伸び率が高いこともあります。
苦手な部分を探すのではなく、研究したことの無い部分やテクニックを探して目を向けてあげることができれば、今までのテニスがガラッと変わるかも!

kawada_profile

【過去の連載コラムはこちらから】
*本コラムはウェブショップのメールマガジンにて配信しております。
ぜひ、メールマガジンのご登録をお待ちしています。

Comments are closed.