【検証】 クレーコート用のシューズはオムニコートでも使えるのか?!

こんにちは、テニスサポートセンター仙川店の清水です。

 

先日新しいシューズを手に入れましたので、いろいろとレビューしてみたいと思います。

 

その名も  JET  MACH  Ⅱ  CLAY  (Babolat)

 

 

こちらはバボラの上級モデルであり、スピードタイプのシューズになります。

 

そして本題ですが、このシューズはクレー用のモデルです(オムニ用もあります)。

 

 

結論から言うと、オムニコートではものすごく止まります(笑)。

 

種類によってはオムニコート用よりも止まるんじゃないか、と思うくらいです。

 

というわけで、とにかくシューズにグリップが欲しいという方は、

 

クレー用のシューズを視野に入れてみてもいいかもしれません。

 

シューズ自体の性能は、抜群でした。

 

詳しいことは省略しますが、強靭な繊維を用いたアッパーによって、

 

計量さと安定感が高い次元で両立されています。

 

軽いのにかなりしっかりしていて、すごいです。

 

フットワークが軽くなるが、しっかり足を決めたいときは決まるような感覚です。

 

【クレー用の見分け方】

 

 

クレー用のソールはこのように細いなみなみになっている(ヘリンボーンといいます)

 

のが特徴です。この波が倒れ、地面に引っかかることでグリップを発揮します。

 

接地面が大きい分、グリップ力が高いです(その分減りが早いような気がします)。

 

 

こちらはアシックスのGEL-GAME(オムニ・クレー)ですが、

 

ヘリンボーン形状なので、実質クレー用です。

 

 

こちらはいわゆるオムニ用のソールです。

 

トゲトゲがたくさんついていて、砂のあるオムニコートでも引っかかるようになっています。

 

 

そしてこちらはオールコート用。ハードコートでも止まり過ぎないよう

 

平べったいのが特徴です。

 

 

こちらはオムニ、ハードで両用できると話題のウーバーソニックです。

 

見た目は完全にクレー用ですが、おそらく少し硬度を上げて、

 

波が倒れ過ぎない(グリップしすぎない)ように工夫されているのでしょう。

 

耐久性もかなり高そうです。

 

 

 

てなわけで、しばらくはこのクレー用シューズでプレーしたいと思います。

 

他にもいろいろなシューズがあるので、ぜひ見に来てください。

 

 

Comments are closed.