オーナー日記 2010年2月号

 先日、私の新刊『悔いのない生き方に気づく24の物語』を読んでいただいた男性の読者の方より、「実は私はテニスが3度の食事よりも好きで、現在85歳になりますが、毎週必ずテニスをしています。その結果として自他共に誇る健康をいただいています。昔の国際法学者である横田喜三郎先生が90歳までテニスをされたという故事に習いまして90までは必ずテニスをすることを私の人生目標としております。・・・」というメールをいただきました。

テニスが本当に好きな気持ちが伝わって来てとても嬉しかったです。

テニスは一生できるスポーツだと思います。テニスを通じて多くの出会いや感動を得ることもできると思います。テニスを仕事にしているのでこの方のように一人でも多くの方が一生、テニスを続けてくれたら幸せです。この方はテニスだけではなくて混声合唱団にも所属されていてチャリティーコンサートで歌も歌っているそうです。

私もこの方に負けないように今後もテニスやいろいろなことに挑戦したいと思います。

 

プロフィール

中山和義(なかやま かずよし)

中山和義(なかやま かずよし)

海外のスポーツビジネスを経験、帰国後、ヨネックス株式会社勤務、テニススクール担当として200ヶ所以上の事業所で販売促進企画を実施、退社後、父親の経営する緑ヶ丘ローンテニスクラブの経営改善に着手、赤字テニスクラブを業界トップのテニスクラブに改善。その後、テニスショップ、テニスサポートセンターをオープン、オリジナルブランドを立ち上げ、ラケットやガット、テニス練習機などを中心に売り上げを伸ばしている。

日本メンタルヘルス協会公認心理カウンセラー。心理カウンセラーとしての知識を応用したセミナーは(株)船井総合研究所や(社)日本テニス事業協会、商工会議所などでも高い評価を受けている。

テニス普及のためのNPOテニスネットワークを設立、三鷹青年会議所の理事長を務めるなど地域ボランティア活動にも力をいれている。

著書に累計30万部のベストセラーシリーズ、「大切なことに気づく24の物語(フォレスト出版)」、「小さな幸せに気づく24の物語(フォレスト出版)」や「客は集めるな!お客様とのきずなを作る3つの関係(フォレスト出版)」、「スポーツから気づく大切なこと(実業之日本社)」、「人生が変わる感謝のメッセージ(大和書房)」などがある。


日本コンサルタント協会公認 パートナービジネスコンサルタント
日本メンタルヘルス協会公認心理カウンセラー
(社)日本テニス事業協会 理事 シニアテニスプロデューサー
NPO テニスネットワーク理事長

Comments are closed.