オーナー日記 2010年7月号

1914年、発明王のエジソンの実験室が火事になりました。 その火事で67歳になるまで、彼が生涯をかけて作った発明の試作品が ほとんど燃えてなくなりました。 火事の翌朝、エジソンは焼け跡を見ながら、 父親の心中を思って心配している息子に 「災いにはすばらしい価値があるんだ。誤りをすべて燃やしてくれたよ。 ありがたいね。またゼロからスタートできるじゃないか」 と力強く話しました。 その火事から3週間後、彼は世界初の蓄音機を完成させました。 「私は歳だからもう、無理だ」とか「運が悪かった」と思ってあきらめるのは簡単です。 しかし、ピンチのときほど人は試されていると思います。 エジソンは「私の人生は働くことにある」と話していましたが最期まであきらめずに自分の生き方を貫くことが大切ですね。
プロフィール
中 山和義(なかやま かずよし)
中山和義(なかやま かずよし)
海外のスポーツビジネスを経験、帰国後、ヨネックス株式会社勤務、テニススクール担当として200ヶ所以上の事業所で販売促進企画を実施、退社後、 父親の経営する緑ヶ丘ローンテニスクラブの 経営改善に着手、赤字テニスクラブを業界トップのテニスクラブに改善。その後、テニスショップ、テニスサポートセンターをオープン、オリジナルブランドを 立ち上げ、ラケットやガット、テニス練習機などを中心に売り上げを伸ばしている。 日本メンタルヘルス協会公認心理カウンセラー。心理カウンセラーとしての知識を応用したセミナーは(株)船井総合研究所や(社)日本テニス事業協 会、商工会議所などでも高い評価を受けている。 テニス普及のためのNPOテニスネットワークを設 立、三鷹青年会議所の理事長を務めるなど地域ボランティア活動にも力をいれている。 著書に累計30万部のベストセラーシリーズ、「大切なことに気づく24の物語(フォレスト出版)」、「小さな幸せに気づく24の物語(フォレスト出版)」や「客は集めるな!お客様とのきずなを作る3つの関係(フォレスト出版)」、「スポーツから気づく大切なこと(実業之日本社)」、「人生が変わる感謝のメッセージ(大和書房)」などがあ る。 日本コンサルタント協会公認 パートナービジネスコンサルタント 日本メンタルヘルス協会公認心理カウンセラー (社)日本テニス事業協会 理事 シニアテニスプロデューサー NPO テニスネットワーク理事長

Comments are closed.