ジュニアラケットの素材にご注意を!

こんにちは。

スタッフの林です。

 

突然ですが衝撃的な写真をお見せします。

これは25インチのジュニアラケットで起こったものなのですが、原因としてはラケットの素材と使用ボールの相性にありました。

一般に、最近のジュニアラケットの素材にはアルミとカーボンの2種類があります。これらは強度、重さ、価格など様々な点に違いがあります。そのため、使用するボールによってラケットの素材も使い分ける必要があります。下の表に各素材の特徴と対応するボールをまとめます。

  強度 重さ 価格 対応ボール
アルミ 低い 重い 安い スポンジ、レッド、オレンジ、グリーンのみ
カーボン 高い 軽い 高い 全てに対応

今回の場合はアルミ製のラケットで一般の硬式テニスボールを打っていたために起きたことのようです。

基本的には23インチ以下のラケットはアルミ製、25インチ以上のラケットはカーボン製で作られていますが、メーカーによっては25インチ以上でもアルミ製のものを販売していることもあります。

これを見分けるひとつの手段としては、価格の違いです。先述のように、アルミ製のものの方がカーボン製のものよりも安く、前者は¥5,000円前後、後者は¥10,000円前後の価格帯となっております。

価格が2倍近く違うため、どちらを購入するか躊躇うこともあるかと思いますが、お子様の安全の為にも一般の硬式テニスボールを使用する場合は必ずカーボン製のものをお使いください。

 

尚、当店ではこのような曖昧さの回避のために25インチ以上のジュニアラケットに関してはカーボン製のもののみ取り扱っております。

Comments are closed.