テニスラケットのグリップ巻き方!

こんにちは、スタッフの野口です

 

今回は

『誰にでも簡単の巻けるオーバーグリップの巻き方』

のご紹介です。

 

よく、お客様からオーバーグリップは

どのくらいの頻度で巻きかえれば良いのと

質問を頂きます。

 

その答えは

テニスをやる頻度にもよりますが、

一番の理想は汚れて来たなと思ったら変えて頂くのが一番です

しかし、コストの問題とかを考えると

汚れて、滑るようになってきたら替えるでも大丈夫です。

 

さて、ここからが本題です

『誰でも簡単に巻けるオーバーグリップの巻き方』

 

①グリップテープに巻かれている透明なフィルムを剥がし、

 先が細くなっている側から巻き始めます。

 

 

②1周目が終えたら2周目からは好みの厚さで

 グリップテープを重ねて巻いていきます。

 

 

③グリップテープを引っ張りながら、重ねる幅を均等にして

 しわがよらないように巻きます。

 

 

④リプレイスメントグリップ(元グリップ)の終わりの

 部分まで巻いたらグリップの端と端が合わさる部分に

 印を付けます。

 

 

⑤印を繋げ出来た直線をハサミで切ります。

 

 

⑥付属しているエンドテープを巻きグリップテープを

 止めます。

Comments are closed.