ネジレラケット Prince X100試打しました!!

こんにちは、仙川店スタッフ清水です。

 

先日プリンスのNEWラケットであるX100を打ちましたので、

 

感想やレビューを書いていきたいと思います!

 

 

 

【スペック】

フェイス  100インチ

平均重量  290g

バランス  325㎜

パターン  16×18

 

 

スペックは平均的なラケットという感じですね。

 

同じくプリンスのツアー100(前ツアープロ100)と同スペックですね。

 

ただしフレームの形状が大きく異なります。

 

厚さはX100の方が厚く、全体的にがっしりとしたフォルムです。

 

そしてX100の大きな特徴として、シャフト部がねじれています。

 

 

このねじれによって、(右利き用では)フォアハンドは弾道が低く、

 

バックハンドでは弾道が高くなるように設計されています。

 

まとめるとフォアは攻撃、バックは守備という感じですね。

 

 

【感想・レビュー】

 

まず私が感じたこととして、

 

フォア、バック共に打ち味が少し硬く、フレームの剛性を感じます。

 

これは厚めのボックスフレームによるものでしょう。

 

この特徴によってリターンなどの合わせるショットがとても

 

打ちやすく、片手バックのリターンも難なく打てました。

 

そしてねじれの特性によってフォアハンドはより剛性のある打ち味になり、

 

フラット系の球が打ちやすかったです。

 

バックハンドは少し柔らかく、確かに弾道が高くなりました。

 

ちなみに私は片手バックなのでこのように感じましたが、

 

両手や片手、また打ち方によってもボールの出方が

 

変わってくるようですので、ぜひ実際に打たれてみて下さい。

 

さて、このラケットを練習や試合形式で使ってみて主に感じたことは、

 

・サーブが打ちやすい!!

 

・リターンが打ちやすい!(フォア・バック両方)

 

・ラケットがブレないのでポーチなどの決めショットが打ちやすい!(フォア)

 

という感じです。とにかくラケットがしっかりとしていて弾きがあるので、

 

サーブやリターン、ポーチなどの単発のショットが気持ちよく打てました。

 

よって自分はダブルスで使いやすいラケットだな、と感じました。

 

他社のラケットで表現するなら、硬めのウルトラ100、という感じです(思いっきり個人の感想です(笑)。

 

とにかく、奇抜な形状からは想像もつかない程の打ちやすさを

 

持ったラケットなので、ぜひ一度試打してみて下さい。

 

 

Comments are closed.