ボールのマメ知識!

こんにちは、スタッフの野口です

 

今回の先日に引き続き
硬式ボールのマメ知識
第二弾です

 

「季節と気温」バウンドの関係性について

 

冬場や早朝、寒い時期はボールは
材質がゴムで出来ている事から
冷え、ゴムが固く
なってしまった為。
弾みがあまり良くありません。
その為、ボールの飛ばないのでテンションは下げて頂いた方が
気持ちよく使えます。

 

また、30℃を超えると真夏日になると
逆に柔らかくなり過ぎ、
ボールも飛びやすくなります
さらにバウンドが安定しません。
その為、テンションも気持ち上げた方が良いです。

 

正しい保管方法としましては
缶にしっかり戻し、蓋をし、
出来るだけ常温の
10℃~30℃で保管するのが良いでしょ。
また、
車のトランクなどに
長期間入れるのも良くないです。

Comments are closed.