新たなジャンル?! 清水おすすめ細ポリ特集

こんにちは、仙川店スタッフの清水です。

今回は私がオススメする細ポリについて書きたいと思います。

◎そもそも細ポリとは?

通常の太さは1.25~1.30mmぐらいなので、

1.20以下の細さの糸を細ポリなどと呼びます。

通常のポリよりもスピンがかかり、飛びやすいため、

スイングがあまり速くない方もお使い頂けます。

ポリは飛ばないけど、ナイロンじゃスピンがかからない....

という方におすすめです。

◎おすすめ細ポリ3選

1.   G-TOUR3 1.18 (GOSEN)

こちらはGOSENから出ているガットで、

おそらく細ポリの中では一番バランスが良いです。

飛び、柔らかさ、テンション維持率などどれをとっても

バランスが取れています。

とりあえず細ポリを張ってみたいという方には、まずオススメです。

2.  ツアーバイト1.10    (ソリンコ)

こちらは随一の細さを誇る、多角形ポリエステルです。

ソリンコのポリの特長は、なんといってもその細さ。

この細さと多角形によって、とてもスピンが掛かります。

角があるにも関わらず柔らかく、

振動も出にくいのがソリンコの凄いところです。

3.   トルネード1.17   (シグナムプロ)

シグナムプロが出す細ポリは、

性能的にとっても尖がっています。(笑)

一番の特長は突出した反発性能。とにかく飛びます。

特にピュアドライブなどの弾きの良いラケットと組み合わせると、

弾きすぎてオーバーパワーになってしまうかもしれません。

ただそこまで突出した性能を持ちながらも、

打ち味は柔らかくマイルドなので、

腕にはあまり負担がかからないのが不思議です。

今回ご紹介した細ポリは、どれも柔らかく、

使いやすいガットなので、ぜひお試しになってみってください。

Comments are closed.