TRINITY使用レビュー!!

こんにちは、仙川店の清水です。

最近ウィルソンからデビューした、

話題のTRINITY。

それを今回使用してみたので、

特徴などをレビューしたいと思います!

 

まずはTRINITYについて

簡単にご紹介していきます。

こちらはなんと紙のパッケージを用いた

4球入りのテニスボールなんです。

 

エコですねぇ

 

パッケージが紙なので密封はされていません。

それじゃあノンプレッシャーボール?? 

と思われるかもしれません。

しかしれっきとしたプレッシャーボールであり、

ゴムの厚みによって空気が抜けにくいようになっているのです。

 

【TRINITY実使用レビュー】

使用時間は1時間ほど。

 

コートは前日の雨により濡れている状態。

それでは気になる打球感についてレビューしていきます。

打ってみて気づくのは、まずその柔らかさ。

柔らかくて、かつ飛んでくれるような感じです。

ゴムが厚いということで、

ノンプレッシャーボールのような重さが気になるのかなと

危惧していましたが、

そんなことは無く、軽快な飛びです。

他メーカーさんのボールと比べてみると、

フォートの柔らかさとツアープロの軽快さを混ぜたような感じ?

比較としてその日は他に

ツアープロ、XT8、US OPENなどを打ち比べていましたが、

実感としてTRINITYが一番柔らかかったです。

 

そこまでスイングが速くない方でも、

ボールを潰すような感覚は得やすいと思います。

 

お次は気になる耐久性についてです。

1時間ほどしか使用していないのであまり参考になりませんが、

フェルトの消耗具合はこんな感じです。

 

 

こちらは比較用のUS OPEN。

 

 

濡れたオムニコートとはいえ、

さすがに1時間ではあまり消耗はしなかったです。

1つ気になる事は、短時間で打球感が柔らかく変わったことです。

これで5回、10回と使っていっても打球感は維持できるのか、

気になるところではあります。

 

ただ、使ってみた総括としては、

上記のボールの中で一番好みの打球感であったことや、

フェルトもまだ大丈夫そうなところを踏まえると、

完成度はなかなか高いのかなと思います。

 

 

 

Comments are closed.