【新作ストリングインプレッション】SIGNUM PRO POLARIS

こんにちは。

スタッフの林です。

 

今回は当店で入荷したSIGNUM PROの新作ストリング、POLARISのインプレッションをしていきたいと思います。

▼概要

ドイツのストリングメーカー、SIGNUM PROは設立が1993年と比較的新しいながらも、M. ベレッティー二選手をはじめとするトッププレーヤーも使用しており、注目の企業です。

様々な素材のストリングを製造・販売しておりますが、その中でも柔らかいポリストリングの解像度が非常に高いことが特徴です。

そんなSIGNUM PROが新たに発表したポリストリング、POLARISのキャッチフレーズは、、、

【軽くて柔らかい天使のような打ち心地、

やみつきになる悪魔のような高反発】

ということで、またもや柔らかさをコンセプトとしたストリングを開発したそうです。

ここまで柔らかいポリストリングにこだわっていると、SIGNUM PROが販売している全てのポリストリングを評価してみたくなってしまいますね(笑)

▼感想

princeのPHANTOM GRAPHITE 97 に、POLARIS (1.15 mm) を 53 lbs で張り上げた場合の感想をお伝えします。

・打感

ポリストリングの中では確かに柔らかい部類には入るものの、YONEXのPOLY TOUR PRO程度の柔らかさであり、「天使の打ち心地」を体現しているほど柔らかいとは感じませんでした。もし柔らかさに極振りしたポリストリングをお求めであれば、GOSENのG-TOUR3の方が適しているかと思います。

硬さの観点としてはあまりぱっとした評価になりませんでしたが、軽さの観点としては非常に密度の高い(詰まったような)しっかりとした打ち心地で、確かにやみつきになると感じました。

・スピン性能

細ゲージを使用したということもあり、引っかかり感が強く、スピン性能は高いと感じました。またこれは僕の想像ですが、POLARISの断面は丸形なので、Hyper-Gをはじめとする多角形のもののような強制的な引っかかりが無く、回転量の調節もしやすいと考えております。

・耐久性

約10時間の使用でフェイス中央部が切れました。これだけの情報だけだと耐久性は低いように感じますが、1.15 mmの細ゲージであることを考えると、十分な耐久性であると言えます。ちなみに、比較のために用意したLUXILON ALU POWERの1.15 mm のものは約4時間で切れました。

▼他ポリエステルストリングとの比較

今回はSIGNUM PRO POLARIS(1.15 mm)、LUXILON ARU POWER (1.15 mm)、SOLINCO Hyper-G SOFT(1.20 mm)をランキング形式で比較していきます。

・柔らかさ

  1. Hyper-G SOFT
  2. POLARIS
  3. ALU POWER

・打感の軽さ

  1. ALU POWER
  2. Hyper-G SOFT
  3. POLARIS

・スピン性能

  1. POLARIS
  2. Hyper-G SOFT
  3. ALU POWER

・耐久性能

  1. POLARIS
  2. ALU POWER

耐久性に関して、Hyper-G SOFTは太さが異なるため、ランキングから除外しました。

▼まとめ

個人的には、「軽くて柔らかい天使の打ち心地、やみつきになる悪魔の高反発」のキャッチフレーズよりもスピン性能と耐久性の高さが際立っているように感じました。また、以下の項目に当てはまる方にはオススメできるストリングです。

・細ゲージ特有の引っ掛かり感が好みで、かつ耐久力の高いストリングをお探しの方

・スピンショット主体でプレーされる方

 

当店では今回取り上げたPOLARISを1.15 mm、1.20 mmの2種類の太さで¥2,475(税込)で販売しております。

 

以前より注目していた方、この記事を読んで気になった方は是非お試し下さい!!!

ご来店お待ちしております!!!

Comments are closed.